水道凍結防止策!

********************

まずは、こんな建物に住んでいる人が水道を凍結させやすいんだよ。

アパート住まいの方、要注意!

そうなんだよね! しずくも凍って出られなくなっちゃうのはアパートが多いのよね。
そうなんだぁ。探偵のおじさんが調べたところ、「凍らせてしまった」と電話くれる人はアパートに住まう人がトップの10までを占めるんだよ。
アパート住まいの方・大家さん、気を付けてね!
理由は以下の通りだよ!


1)水落としをしていないか、落とし方が分からない

(自分の家でないので注意しない、落とし方が覚えられない、面倒だ)

2)2階に住んでいて、最近下の階の人が引っ越して空家になった
(今まで水を落とさなくても凍らなかったので水を落としていない)

3)水落としをしたつもり
(レバーがきついので上まで引っ張らなかった)

4)床下の換気口が開けっ放し
(一戸建ての住宅)

それで、水落しの極意は?
それはね、あたり前なんだけど…
1、水の落とし方を確認する。また、水がきちんと落ちているかどうかを確認する。

2、マイナスの気温になる時は必ず水を落とす

3、床下の喚起口は冬は必ず閉じる

4、排水が凍らないために、配管専用不凍液を排水口に入れておく(車の不凍液はダメよ)。
とにかく、水を落とすって事ね!
そうなんだ。凍ってしまうと水道管が破裂してしまう危険もあるし、そうなると余計にお金がかかるでしょ? ちゃんと水を落とせばそうはならないんだから、普段からめんどくさがらないで水を落とすように注意しようね。
でも、落としたつもりなのに、落ちていなかったっていうのが一番悲しいから、次に本当に水が落ちているか実験の仕方を伝授するよ!





このサイトはフレームで構成されています。
直接このページをご覧になった場合、http://www.kankyo-tantei.com/からご入場ください。

 © Copyright 2003-2004 (株)荒川設備 All Rights Reserved.
このホームページは企業組合アシストが企画・制作を行なっています